夢見て走れ! ~社長のエッセイ~

誰でも一所懸命がんばれば、かならず夢をゲットできる!
第一章 夜逃げ人生から始まった
夜逃げの理由 / 焼き鳥屋と寿司屋で二足のワラジ修行 / 料理の基本を教えてくれた極道店長 / 経歴詐称で店長になって売り上げトップ
第二章 楽八誕生
楽八か仙人か / 「兄ちゃん頑張りや」の声援に励まされ / 手作り屋台の店長はおやじ / 大ボケかまして手に入れた淡路支店 / 店を流行らせることが恩返し
第三章 親の恩、命の恩人
おふくろへの不思議な気持ち / 煮ても焼いても食えないおやじだが / 反則技・パチキのやり過ぎでむち打ち症に / 命の恩人 / 苦しいときは墓参り / 阪神大震災
第四章 120%を出しきれ
ひとみちゃんの冥福を祈り / 留置所で学んだこと / 契約書は楽八の法律でもある / マニュアル人間にさせないマニュアル / 観客舞台では全身目になれ! / 女の子にモテたかったら一所懸命働く姿を見せろ / 夢を持って120パーセントを出しきれ
第五章 「アホな僕でもできる」ことを伝えたい
関西一の経営アドバイザー / 「野球のチームプレーのように見える」と言われた / とにかくお客さんに喜んでもらうしかない / 生きた時間を使え / 楽八の十ヵ条
第六章 八つの楽しいこと
一流企業の支社長を怒鳴りつける / 坊さんにならなくてよかった / 楽八という舞台に集まる人生模様 / 運命を乗り越えても / 楽しまんとて生きるなり
あとがき

このページの上へ移動